学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

平成29年度夏 7月31日(月)

先週からようやく本格的な練習に入りました。それでも、特進コースは今週も午前中課外、介護福祉科は実習のため午前中は全体練習ができません。練習は体幹トレーニング、サーキットトレーニング、柔軟・ストレッチを最初に1時間。それからアップ、キャッチボール、トスバッティング、バントで1時間。ボール回しや素振りなどで1時間。ここまでで午前は終わります。午後からはバッティングをしたり、ノックをしたりといった感じです。金曜日に3か所バッティングをしましたが、あまりにバットが振れないため今のところやる必要のないメニューだと分かりました。まずは少しでも強いスイングができるようになることが先決のようです。今は1か所バッティングをバッティングのメイン練習にしています。守備の方は実践ノックをしてみてビックリ。各ポジションの動きを全くと言っていいほど理解できていないことがわかりました。これまで補助をしているときなど、先輩たちが指摘されてきたことを他人事として聞いていたのでしょう。また一から教え直しです。「成長する」「伸びる」選手はいつもアンテナを張っています。他人が受けているアドバイスを自分のことのように聞いています。これが本校選手にはありません。私が最近口癖のように言っている言葉です。「俺は23人に対して話している!!」「俺は23回同じことを言わないといけないのか!!」部員23名、各々の意識レベルの向上無くしてチームの成長はありません。キャプテンに正門、副キャプテンに十亀、川崎を指名しました。彼らを中心に2年生10名がアンテナを張り巡らせた活動ができるか、これがポイントのようです。