試験前に在庫食品で賄い講座

 次週行われる中間考査へ向けての試験休みを前に、冷蔵庫や冷凍庫に眠らせていた食材を使い切るために井立先生の指導のもとで賄い講座を行いました。

 現場経験者の井立先生としては、あり合わせの食材を駆使して即興で、しかも早く料理をする「賄い」の能力も必要になるとの考えからの催しです。

 カニカマや烏賊、海老、人参、卵を用いて、具が入った出汁巻き玉子

 

 

 

 

 

 

 

炒めた鶏肉を閉じ込めたオムレツ

 

更に…在庫の処理と言いつつ、化粧塩や焼き方指導のために秋刀魚を購入して塩焼き。

 

 

手分けして仕上げました!
在庫の処理なので卵料理が被っていますが、
出汁巻き玉子やオムレツの練習も兼ねて一石二鳥です。

 

 

いただきます!
早く食べるということも調理師に必要な能力ですね。

 

 

 

 

 

 

そして…

 この時、荻さん、寺川くん、毛利さん、松尾さんは料理ではなく、製菓室の在庫処理&練習としてケーキを作成。

 そう。この日は我が部の「クール眼鏡パティシエール」植木先生の2○回目の誕生日なのですヾ(*´∀`*)ノ

 一年生中心のケーキチームだったので、生クリームの扱いに慣れておらず、やや泡立て過ぎでボソボソしておりました。
 普段クリームを塗ったり絞ったりの練習はショートニングで行っているもので…

 

おめでとうございますヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 

 

 

 

2017年10月11日