学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

日本料理コンペティションで敢闘賞(4位)


夏に開催された「日本料理コンペティション」の九州沖縄大会で優勝した本校専任講師で日本料理担当の井立が、三月の京都での全国大会を終えた。
全国大会は全国六地区の入賞者だけでなく北米、欧州、韓国、香港での大会入賞者も出場するグローバルなものである。  
 
調理現場での実務経験が五年を超える料理人が応募できる大会ではあるが、実際に挑むにはそれ以上の経験が必要なのではなかろうか。
会場に持ち込める食材は出汁の材料のみで、その他の食材や調味料は大会側が用意したものしか使うことができない。そもそも食材は全て事前には一切明かされず、大会当日に初めて開示されるのである。開示された食材をもとに松花堂縁高弁当の献立を立て、四人分を調理するわけだが、これら全てを四時間以内に仕上げなければならないのである。

どのような食材にも対応できる引き出しの多さが勝負の鍵を握るのだ。

井立は本校に勤務する事で現場から離れてはいるが、これまでに海外を含めて様々なお店で積んできた経験を発揮し、現役職人と渡り合い、実質四位となる敢闘賞を受賞した。上位入賞者はいずれも全国大会常連であり、初出場でしかも高校講師が入賞したのは大会初の快挙だそうだ。  




※※※
日本料理アカデミー
日本国内はもとより世界各地で生活する人々に対して、日本料理の発展を図るため、教育および文化・技術研究ならびにその普及活動に取り組む権威ある組織。
 
日本料理コンペティション
日本料理アカデミーが主催する料理コンテストで今回が七回目。全国の料理人並びに調理師の方々を対象に、日本料理の専門知識・技術の研鑽、職業人としての資質の向上、そしてJAPANブランドとしての日本料理の新しい価値創造への貢献を目的としている。


看護専攻科 第7回修了証書授与式

3月6日(金)暖かく穏やかな晴天の中、第7回修了証書授与式が行われました。
晴れ着に身を包んだ37名の修了生を代表して、クラス代表の生徒が修了証書を受け取りました。



修了式後は、そのままホールにて最後のホームルームが行われました。
先生方や家族の方に感謝の気持ちや思い出を発表して5年間の学校生活を振り返っていました。


「看護専攻科 第7回修了証書授与式」の続きを読む

2年生 調理技能コンクール

こんにちは、2月14日に2年生調理技能コンクールが1日にかかり行われました。2年生は修学旅行明けすぐのコンクールとなり、生徒自身、焦りと不安、緊張を抱えながらも一生懸命作品を作りあげました。一部紹介します。西洋料理部門 鴨料理




和食部門 連子鯛を用いた料理



スイーツ部門 ナッペと絞りの統一課題



1人1人個性があり、とても良い作品が出来上がりました。来年は3年生になり卒業料理展があります。それに向けて、また日々努力していきたいと思います。


看護科1年生 家庭基礎実習

2月7日(金)、看護科1年生が家庭基礎の授業で調理実習を行いました。
今日の調理実習では「ピザとミルクスープとフルーツヨーグルト」を作りました。
調理室の本格的な調理器具を使い、楽しそうに実習を行っていました。




美味しく出来上がりました!!