学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

卒業料理作品展 2022

先日11月19日(土)に調理科 卒業料理作品展が開催されました。
多くの保護者様や外部の方々にご来校いただきまして、誠にありがとうございました。
今年は新たに、現在活躍されている卒業生から3年生に向けてのコメントや就職した際の思い出などを掲載させていただきました。

1週間前から多くの生徒が自主的に居残りし、3年間の努力の結晶を作るために頑張っていました。
当日も、早い生徒は朝6時30分から最後の仕上げに取り掛かっていました。
料理が出来上がるごとに、アリーナ内は鮮やかに彩られていました。



今回、表彰されたのは

和食
最優秀賞 大橋一斗さん(古賀北中 出身)
優秀賞  大山夏来さん(小屋瀬中 出身)
敢闘賞 古後有藍さん(宮若東中 出身)
    木村匡希さん(岡垣東中 出身)
    吉田憂来さん(芦屋中 出身)



洋食
最優秀賞 柴田騎士さん(長丘中 出身)
優秀賞 吉富連汰郎さん(小屋瀬中 出身)
敢闘賞 花井心聖さん(桂川中 出身)
    福岡亮太さん(浅川中 出身)
    田中賢也さん(田川中央中 出身)



スイーツ
最優秀賞 柴崎里歩さん(直方第二中 出身)
優秀賞 田中虹羽さん(自由ヶ丘中 出身)
敢闘賞 世良晏澄さん(赤池中 出身)
    廣田羅夢さん(千代中 出身)
    津野楓花さん(宮若東中 出身)



表彰された生徒に限らず、皆同じくらい努力をしていました。
やり切ったと達成感を感じる生徒もいれば、涙を流す生徒もいました。
けれど今は、頑張ってきた自分のことをたくさん褒めて欲しいと思います。



最後はクラスごとに記念撮影!みんな溢れんばかりの笑顔でした。

今年の3年生はコロナ禍でオンライン授業に切り替わったり、行事が開催できなかったりと特に打撃を受けた学年です。
そんな中でも、自己研鑽を怠らずに努力してきたからこそ、こんなに素敵な卒業料理作品展を行うことができました。
この経験を力に変えて、これからも目標に向かって走り続けてくれることを祈っています!
PS. 作品に感動しこっそり涙したことは秘密です


~今を生きる~明るく・楽しく・ポジティブに


こんにちは、介護福祉科です。皆さん、11月11日は何の日かご存知ですか?ポッキーの日の方が浸透しているかもしれないですが、実は“いい日いい日”で「介護の日」なんです。介護福祉科では、この介護の日に特別講話として株式会社エー・ワイ・エスの山﨑海斗様をお招きして「~今を生きる~明るく・楽しく・ポジティブに」というテーマでお話ししていただきました。山崎さんは生まれつき全身の関節が動かしにくい先天性多発性関節拘縮症という難病を患いながら、23年間で12回という手術、リハビリに耐えて、高校時代からの夢でもあった営業マンとして活躍されています。「日本一小さい営業マン」というキャッチコピーで、自らの障がいのことを知ってもらいたいとユーチューブで発信したり、パラバドミントンにも挑戦されています。
講演が終わると、サイン攻め・・・。同席された社長さん(お父様)まで写真撮影に応じて頂きました。講話の様子は、近日中ユーチューブで配信されるようです。「日本一小さい営業マン」で検索してみてください!



【卒業料理展】最後の仕上げです!

こんばんは!
明日、調理科にとって重要な行事である『3年生卒業料理展』が開催されます。
今現在も生徒が残って最後の仕上げを行なっています。
会場準備は野球部と調理部が手伝ってくれました!

明日は、事前申し込み等もありませんので当日参加でも可能です。
3年間の学びの集大成をぜひ皆様方の目でご覧ください!



実習前講話

こんにちは、介護福祉科です。1年生は11/14(月)から5日間、2年生は11/21(月)から13日間の施設実習に出発します。そこで、実習前講話として1年生は特別養護老人ホームつくも苑の和田様、2年生は特別養護老人ホーム長光園の上西様に来校していただき、実習の心構えやコミュニケーションの取り方などをお話していただきました。実習を1週間に控える生徒たちは真剣に耳を傾けていました。今回も沢山の施設に実習を受け入れて頂いています。実習の様子はまた、ブログでお知らせいたします!



オープンキャンパス②

こんにちは、介護福祉科です。10/29(土)に2回目のオープンキャンパスが開催されました。今回の体験学習はレクリエーション、福祉用具体験、リラクゼーションでした。レクリエーションコーナーでは、パラスポーツの競技にもなっている「ボッチャ」をしました。他校の生徒さんとのレクリエーションで緊張している様子でしたが、障がいのある方が生活に使用する道具を体験したり、手浴やハンドマッサージのリラクゼーションでは本校生徒と学校生活の話や、受験の話もしながら少しずつリラックスしていただけたようです。