学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

第8回青春レシピコンテスト2018

2月10日(日)、第8回青春レシピコンテスト本選が行われ、
本校調理科2年生の島田ひなのさんが出場しました。







福岡ブランド農産物を使用したレシピで、応募総数6158通の中、
オリジナルスイーツレシピ部門で見事グランプリに輝きました!!!






島田さんの作品「博多万能ねぎとあまおうのどら焼き」





修学旅行もあるなかで準備も大変だったかと思いますが、
日頃から計画的にコツコツと努力をしてきた成果だと思います。

この経験を是非、調理科に還元してもらい、
1,2年生にとっても良い刺激となってくれればと思います。

島田さんおめでとうございます!!お疲れさまでした!!



卒業料理展

12月15日、調理科3年生による卒業料理展が行われました。



3年生にとっては、3年間の集大成となる作品のため、何日も前から懸命に準備に取り掛かりました。

様々なアイデアが光り、素晴らしい作品ばかりでしたが、特に優れていた作品の写真を掲載させてもらいます。


西洋料理 優秀作品






日本料理 優秀作品






スイーツ 優秀作品





3年生は、3年間調理を通して学んだことを胸に刻み、卒業まであとわずかではありますが、後悔の無いよう頑張ってほしいものです。


3年生調理実習和食

こんにちは。3年生最後の和食の実習は井立先生によるローストビーフの握り寿司と天ぷらでした。
井立先生曰く、『手際よく、班で協力しあって想像以上のものができていました。』と
総評を頂けました。
3年間の集大成として本当にいいものができました。また最後の井立先生のお話も感動しましたね。
残りの実習も頑張っていきましょう!!


調理科2年生 調理実習の様子

 

豚肉のポワレシャリキティエールです。

豚肉に火を入れ過ぎず、柔らかく焼くことがポイントです。

 


付け合わせは今が旬の野菜を使った南フランス料理の

バイエルディです。

生徒の皆様、安全に気を付けて試験勉強頑張ってください。


調理科2年生  ヒレかつ丼 味噌汁

こんにちは。伊豆丸です。

今年度の最後の実習は、調理実習と大掃除を行いました。

献立は、ヒレかつ丼と味噌汁です。

 

 まず、ヒレかつ丼から作りました。

豚ヒレ肉は1~1.5cm厚さに切り、塩、胡椒をします。

 


厚い部分は、開きます。


衣をつけます。

この時、卵に少量のサラダ油を混ぜると、卵が乳化してパン粉がつきやすくなります。



170~175度の油で、5分くらい揚げます。鍋の中がぐつぐつ煮立つ位の状態を保ち、泡の大きさで 揚げ時を見極めます。カツが浮いてきて、泡が小さくなったら油から引き上げます。


しっかり油をきって、揚げ網にのせます。



親子鍋にタレ、玉ねぎを入れて火にかけ、ヒレカツを置きます。


卵は1度に加えても良いですが、半熟が好きな人は2回に分けて加えます。

2回の場合は、一度卵を入れて蓋をし、火を通します。




  親子鍋にご飯がつかないように気をつけながら、カツをのせます。


ヒレかつ丼の出来上がりです!( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡  


味噌汁は、豆腐を5mm角に切ります。


味噌を溶き、味を調え器に注ぎます。



今日の2品が出来上がりました!!*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。


 生徒の実習風景です。










 4月からは、いよいよ3年生ですね! !  ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!