学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

青藍祭の報告

先日11/3(土)に、創立111周年 青藍祭を行いました。

ご来場いただいた皆さま、ならびに近隣にお住まいの皆様、

当日および準備期間中には大変お世話になりました。ありがとうございました。

体育祭からほどなくして行事が連続したことや、日の出校舎への移動もあり、

生徒も準備に追われる日々でしたが、みんなで作り上げた青藍祭は生徒の大切な思い出となりました。




(左:校門の看板は、3年生が作りました。/右:体育館では学科の展示も。写真は調理科のマジパン)




(模擬店やステージイベントなど、工夫を凝らした出し物を行いました)

また、今年度は初の試みとして、後夜祭も実施しました。

女子バレー部や野球部は試合などで青藍祭の午前・午後の部に参加できませんでしたが、

その分を後夜祭で楽しむことができました。




(左:燃え上がれファイヤーストーム!/右:暗くなった舞台を活かした出し物も)

3年生にとっては最後となった文化祭。みんなが互いに楽しみ、楽しませ、最高の一日になりました。


生徒会 性犯罪防止キャンペーン参加の様子

先日、生徒会の女子生徒が、直方警察署の方々が主催された性犯罪防止キャンペーンに参加しました。

身近に潜む性犯罪の危険性について啓発するポスターや、

うちわ、蓄光キーホルダーの入ったセットを、歩行者の皆様に配布しました。


「歩きスマホやイヤホンをしながらだと、危ないですよ」と声をかけながら配布する生徒。


音楽など別なものに意識を向けていると、前方だけでなく背後にも注意が行き届かず、

性犯罪の被害にあう危険性が増加します。しっかり周囲に注意を払いながら登下校を行いましょう。

また、日が落ちてからの外出は控えるなど、被害にあわないように自ら自衛することも心掛けるとよいでしょう。

生徒の皆さん、夏休みも防犯に気を配りながら、楽しんでくださいね。


本日より夏休み

本日、7月19日(木)より大和青藍高等学校は夏休みに入りました。

とは言っても、

普通科・調理科では課外学習や補習授業があったり、

介護福祉科・看護科では3年生が実習中であったり、

介護福祉科1・2年生の実習が始まったり…

と、各学科それぞれに多忙な日々は変わりません。

 

これらに勉強やスポーツを始め、

部活動、体育祭練習や青藍祭の準備などが加わり、

各自それぞれに「燃える」夏を過ごしていくことかと思われます。

 

特に今年は異常気象ということで、

体調管理には十分気をつけて、

「暑い」夏を「熱い」思いで乗り切っていってください。

(ただし、無理、無茶、無謀は厳禁!)

 

ちなみに始業式は8月22日(水)です。

生徒の皆さん全員がそろって、

明るく元気な姿で登校してくることを、

職員一同心待ちにしております。


期末考査 1週間前

来週6月28日(金)より

いよいよ1学期の期末考査が始まります(3年介護・看護を除く)。

新学年に上がって最初の学期末テストです。

入念に準備をして臨んでください。

(夏休みが追指導で忙しくならないように!)

また、

3年生にとっては、進学や就職をする際、

3学年の成績に直結する最重要な試験です。

悔いの残らぬよう全力で挑みましょう!


直方五日市に参加しました♪

調理部 「たくみのたまご」  

2018年5月5日 6周年記念日♪おめでとう ございます


今年 6周年を迎えた、「たくみのたまご」

今日も多くの方に、ご来店頂いていました。

店先では、いきなり団子とスノーボールクッキーを販売していました。商店街を歩いていると、「今日は高校生の店がアイチョーらしいよ」という会話が聞こえてきて、ちょっとニヤリとしてしまいました。(^^)

いきなり団子、美味しかったです♪看護科の生徒に差し入れすると、「初めて食べました。おいしいです」「いきなり団子って、“いきなり”って人がつけたとよ」 っと根拠のない会話をしていました… 実際は、どうなのでしょうか?各自でお願いします!!(^^) メニューも、開店毎に代わっていて、リピーターを増やすための取り組みにも力を入れているようです。

ある直方在住の方が話されていました。「実践できる学習環境があることは、すばらしいことです。実践を重ねて成長するんですよ!!」と力説して頂いたことがあります。いつも、応援し見守ってくださっている多くの方々に感謝申し上げます。進化している調理部!をこれからもよろしくお願いします。

和太鼓部「優心太鼓」


どこからともなく聞こえてきた 太鼓の音♪心が弾み、なんだか元気になりますね

今年入学したばかりの生徒も参加しての演奏とは思えないほどの演奏に驚きました。(素人ですが(^^))今日も感動しました。直方商店街を歩いていると、「孫が太鼓部だったの。もう卒業したけどね」っと、募金活動をしている看護科の生徒を見ながら話をしてくださいました。町の方に温かく支えられていることを感じた瞬間でした。今後の活躍にも目が離せません!!

JRC「1円玉募金活動」





大和青藍高校看護科の青少年赤十字メンバー(JRC)は、世界赤十字デー“ボランティアDAY2018”の活動の一貫として、直方五日市で「1円玉募金活動」を行いました。直方市長さんをはじめ、五日市に参加されていた多くの方々より募金をして頂くと同時に応援のメッセージも頂き、生徒たちの励みにもなりました。ありがとうございました。

この募金活動は、ヒマラヤ山脈を有する山岳国ネパールと南太平洋の島嶼国バヌアツを対象に、平成29年から新たな支援事業が3ヵ年計画でスタートしています。両国の赤十字社を通じて、公衆衛生、防災教育の普及を進める計画であり、日本の子供たちの思いを、世界の子供たちの笑顔につなげていく取り組みです。日本にいる青少年赤十字メンバーがお小遣いを節約したり、募金活動をして集めたお金を日本の赤十字社を通じてネパールとバヌアツに送金します。

JRCには、「気づき」「考え」「実行する」という態度目標があります。昨年度実施した、献血推進活動なども含め、生徒自らが主体的に活動できるようにサポートし、様々な活動を通して生徒が成長できるように、これからも応援していきたいと考えています。