学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

OST【普通科特進】





グローバル化が急速に進展する中、
英語のコミュニケーション能力を重視する観点から、
4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価する必要性が示されてきました。
2020年度からの大学入学者選抜でも、
4技能を民間の資格・検定試験を活用することで評価しようという動きになっています。

特進コースでは「英語を活用する力」を伸ばすために、
OST(Online Speaking Training)を2019年度から導入しました。
各個人に貸与しているiPadでフィリピン共和国の先生とマンツーマン英会話を実現します。

コミュニケーション能力を磨き、
グローバル社会で真に英語を活用できる人材となれるよう、
特進コースの挑戦は続きます。


3-2 調理実習【3年普通科キャリア】

普通科キャリアコースでは、
3年生から調理実習がスタートしました。
普段の教室での座学やコンピュータ実習では見ることができない笑顔や腕前を存分に披露し、
和気あいあいと調理実習を行っていました。
今回のメニューはサンドウィッチとスープ。
「こんなの作ったことないやろ」の問いに、
「私はこう見えて料理は上手なんよ」と答える女子生徒。
実習の先生には迷惑をおかけしますが楽しい時間を過ごしているようでした。



学生ボランティア指導【特進3年】



進学部では、
国公立大学、難関私立大学、看護系大学・専門学校への進学を目指す特進コースの生徒達が、
放課後に部活動として学習に励んでいます。

1、2年生は相互の教え合いにより理解を深めることが目的ですが、
3年生は今年度の4月より「学生ボランティア指導」を導入しました。

教員と国立大学や大学看護学部へ進学した卒業生を中心とした学生ボランティアがタッグを組み、
受験指導やアドバイスを行っています。

憧れの進路を実現した先輩方の姿は、
生徒達の眼前の目標になっており、
取り組むまなざしも真剣そのもの。

受験開始まであとわずか。
志望校の合格切符を掴めるよう、
より一層勉学に励んでもらいたいと思います。
がんばれ!受験生!


ENAGEED導入【特進】

1,2年生特進コースを対象に、
次世代型キャリア教育「ENAGEED」を用いた探求活動を行っています。

県内初となる教材を取り入れ、
「これからの時代に求められる力」等について、
グループワークを通して力を身に付けていきます。

発表の際は相互尊重を行う事で、
コミュニケーション能力の向上にも繋がっているようです。
各グループから様々な意見が挙がり、
活気ある授業になっています。



3年生受験モード突入!

特進コース3年生の教室では、
センター試験までの日数がカウントされ、
本格的な受験モードに突入しました。
生徒達はタブレットを使いこなしながら学習に取り組んでいます。

みんな 真剣な眼差しで、
本気(マジ)モードです!!