学校法人 大和学園 大和青藍高等学校

高校2年生 社会人講話 第7回目

7月11日(木)、郷土史家をされている渡邉勝巳先生にお越しいただき、看護科2年生の第7回社会人講話が行われました。
生徒たちは自分たちの住んでいる地域のことだったこともあり、地元筑豊のお話に興味深く耳を傾けていました。
渡邉先生、貴重なお話をありがとうございました。


~生徒感想より~
今回の社会人講話で、筑豊・石炭・遠賀川などの歴史についての話を聞いていろいろ感じることができました。「筑豊」は明治に作られた地域名だということは初めて知りました。
筑豊の中でも私の地元は田川です。
田川は石炭記念公園があって、今回の話の中で石炭の話をされた時に石炭記念公園のことを思い出しました。一度中学の時に行ったことがあり、昔の生活や石炭のこと、いろいろなことを学ぶことができたので今でも思い出に残っています。周りからは「筑豊」といったら悪い印象を持たれることが多いけど、渡邉さんの言う通り筑豊は良い所が多いと私も思います。様々な昔の歴史も多く、今もいろいろな行事なども行われて充実していると思います。
これからも筑豊の良い所をもっと良くしていきたいです。